健康

2016年01月05日

「健康になりたい…」という方はたくさんみえます。

しかし、そのために、身体のしくみや食事との関わりを
知ろうという人は少ないのではないでしょうか。

環境や食物の変化が大きく、ストレスだらけの中で、健康を維持するのは大変なことです。

調子が悪くなったら、
早めにお医者さんに行って、検査をしてもらう、もしくは、早めに薬をもらうこういう方が多いのですが、本当は、
調子が悪くなる前にすることがあるのです。

それが、身体のしくみと、食事の関わりを知ることです。

私たちの身体は60兆個というたくさんの細胞の集まりですが、その一つ一つにきちんと栄養素が届けられて、初めて健康を保てます。

細胞一つ一つに栄養を届けるためには、身体に必要な食べ物を、好き嫌いを言わずしっかり食べることが重要です。

プチ不調を訴える人の中に、朝ごはんさえも食べていない方がみえます。

食事の内容も、限りなくお菓子に近いものだったり。
これでは、身体を作ることも動かすこともできません。

まずは、身体のしくみを知り、
食事を調えましょう。