貧血

2016年12月09日



3231f68395b56cd95d0e73ec3b6e9d31_m


こんにちは。

貧血アドバイザーの清水享子です。

 

寒くなってきましたね。

この時期になると、血流が滞り、

「手足が冷える」、

「頭痛や肩こりがひどくなってきて辛い」

などというお悩みをよく聞きます。

 

「冷え性だから仕方がない」

「もともと頭痛もちの体質だから」

と諦めてはいませんか?

 

しかし、この症状の原因は実は【鉄不足】

が考えられます。

 

相談をされる女性の多くは、

ご自身が【鉄不足】だと思っていません。

 

学校や、職場で健診を受けても、

「貧血」を指摘されたことがないからです。

 

しかし、どの女性も10代半ばから、

50歳くらいまで30年以上毎月生理によって

大切な血液が失われています。

そしてその血液と一緒に大事な鉄が失われています。

 

鉄は、私たちのからだのいろんな場所で必要なので、

口から入る鉄の量が不足すると

ストックした鉄(貯蔵鉄)を使ったり、リサイクルしたりして

何とか、血液の中だけは【鉄の量】を維持しようと頑張ります。

 

そのため血液中にだけは、鉄がぎりぎりあるようにします。

しかし、貯蔵してある分はすっかりなくなり、

わずかな鉄で、からだの材料や酵素を作ったりしているのです。

 

その状態を「かくれ貧血」といいますが、

実はこの「かくれ貧血」の人が少なくないのです。

 

いつも、ぎりぎりの鉄でからだを動かしているのですから、

当然すぐに疲れたり、冷えて辛いということが起こります。

 

この「かくれ貧血」を調べるには貯蔵鉄量を表す[フェリチン]という項目を

検査する必要があります。

この[フェリチン]は、通常の貧血検査には含まれないので、

「かくれ貧血」はなかなか見つかりません。

 

冷え症、肩こりだけでなく、さまざまな不定愁訴に

この「かくれ貧血が」関わっています。


もし、毎年冬になると、冷えてとてもつらい、

肩こりなどがとてもひどい、ということがありましたら、

ぜひご相談ください。




一度詳しい検査を受けることをお勧めします。