2016年11月13日

0ea25d7c2d7dba7767481d8558abafe7_m

こんにちは。
健康アドバイザーの清水享子です。

今日のテーマは、「女性の髪に関するお悩み」についてです。

抜け毛は、男性のものと思われがちですが、
最近では女性の抜け毛のお悩みもよく聞きます。

甲状腺機能の低下症という病気でも、毛が抜けることがあります。

しかし、一般的には
「年齢を重ねるにつれて、少しずつ毛が薄くなってきた」
「徐々に、くせ毛がひどくなってきた」
というお悩みが多いようです。


髪の毛の材料は、動物性食品に多く含まれるケラチンというタンパク質です。
ですから、肉をあまり食べないという方は、髪が薄くなる可能性が高いと言えます。


そして他にも、必要な栄養素があります。
毛根部の細胞の分裂のために、亜鉛が、
頭皮へ栄養を十分いきわたらせるために鉄などが必要です。


毛根の栄養になるビタミンB群の一つ、パントテン酸や、ビタミンEも
抜け毛の改善に役立ちます。


クセがひどくなって来たり、ちぢれるようになってきたときも
やはりタンパク質の不足が考えられます。
このように、髪にはいろいろな栄養素が関わっています。


また、更年期では、女性ホルモンの低下でも薄毛になります。


いろいろな育毛法を試しても、肝心な髪の材料が足りていなければ、
髪をつくることはできません。


髪に必要なこれら栄養素を取り込むには、偏食することなく
きちんと食事を食べなければなりません。
一日2食だけの人や、食事の量が少ない人は、要注意です。
まずは食事の見直しから始めてみましょう。